BFI”クリーンキャッチ”クランクケースオイルセパレーター

通称”キャッチタンク”や”キャッチカン”と言われるこのパーツ
エンジン内をクリーンに保つためには必須アイテムです。
 

なぜキャッチタンクが必要でしょうか?

クランクケースで発生したオイルミストを含んだ蒸気は
インテークシステムへリターンされタービンからインタークーラー、
インテークマニホールドを通ってエンジンへと吸入されます。
インテークシステム全般にエンジンオイルが充満し
エンジンパフォーマンスが充分に発揮出来ないだけでなく、
オイルミストを含んだ混合気が吸気バルブやピストンにカーボン、
スラッジを蓄積させていきます。
この結果、エンジンの圧縮不良によるエンジン不調を引き起こしてしまいます。
画像は約20,000キロ走行した1.8TSIエンジンの吸気バルブです。
たった20,000キロでご覧のように炭のような蓄積物が
ありえないほど付着しているのがおわかり頂けます。
BFI”クリーンキャッチ”クランクケースオイルセパレーターは  
このオイルミストを含んだ蒸気からオイルだけを取り除き  
よりクリーンなエアをエンジンへと導きます。 
タンクの内部はV型のバッフル構造で、オイルとの分離を確実なものにしております。 
上部にはレベルゲージが装着されており、簡単にタンク内のオイル量を確認出来ます。 
オイルの排出はタンク底のドレンプラグから行えます。 
タンク本体はアルミ製でカラーはブラック  
ホースは内部断面が常に一定面積を保つようにコイルワイヤー入りで  
タンク側はANフィッティング、エンジン側は純正フィッティングで接続します。 
ゴルフ7GTIにパーフェクトフィット可能なブラケットが付属しています。 
 


 
 
 
 
BFI”クリーンキャッチ”クランクケースオイルセパレーター 
適合:VW ゴルフ7GTI
価格:65,000円